労働委員会関係裁判例データベース

[判例一覧に戻る]  [顛末情報]
概要情報
事件名  日本周遊観光バス 
事件番号  大阪地裁昭和57年(行ウ)第73号 
原告  日本周遊観光バス 株式会社 
被告  大阪府地方労働委員会 
被告参加人  全自交日本周遊観光バス労働組合 
判決年月日  昭和59年 8月10日 
判決区分  救済命令の一部取消し 
重要度   
事件概要  元別組合員で定年直前に申立人組合に加入したX1について、定年後嘱託として雇用しなかったことが争われた事件で、嘱託としての取扱い及びバックペイを命ずる大阪地労委の救済命令(57・9・14)を不服として会社側が行訴を提起していたが、地裁は請求を認容し救済命令を取り消した。 
判決主文  1 本件訴えのうち、原告が被告に対し、被告の原告に対する昭和57年9月14日付不当労働行為救済命令主文第1項中、「原告は、補助参加人組合員X1を昭和56年9月26日から同57年9月25日までの間、嘱託として取り扱い、その賃金は勤続年数7年の乗務員の基本給の額としなければならない」旨の部分の取消しを求める訴え部分を却下する。
2 被告の原告に対する前項不当労働行為救済命令第1項中、「原告は補助参加人組合員X1に対し、昭和56年9月26日から同57年9月25日までの間で、同人が就労するまでの間に、同人が受け 
判決の要旨  6140 訴の利益
組合員X1を1年間嘱託として取扱うべき旨の救済命令の取消を求める訴えは、既に右期間が満了している以上、会社にとって法的拘束力を生じるものではなく、右命令の取消しを求める法的利益は消滅しており、訴えの利益を欠くので却下する。

1106 契約更新拒否
1500 不採用
嘱託契約の内容が合意に達していないと見られる場合に、会社がX1を嘱託雇用者として取扱うことは法律上不可能であるから、会社が嘱託雇用者として取り扱わなかったことは不当労働行為に当たらない。

1106 契約更新拒否
会社がX1の嘱託雇用契約の未締結を自ら作出したといえず、会社がX1を嘱託雇用者として取り扱わなかったことは不当労働行為に当たらない。

6342 不利益取扱いに関する不当労働行為の成否の判断の誤り
会社が組合員X1と嘱託契約未締結を理由に嘱託雇用者として取扱わなかったことは不当労働行為といえず、これを不当労働行為とした救済命令は違法である。

業種・規模  道路旅客運送業(バス専業) 
掲載文献  労働委員会関係裁判例集19集202頁 
評釈等情報  労働判例  436号 31頁 
労働経済判例速報 1205号 3頁 

[先頭に戻る]

顛末情報
行訴番号/事件番号 判決区分/命令区分 判決年月日/命令年月日
大阪地労委昭和56年(不)第71号 一部救済(命令書主文に救済部分と棄却又は却下部分を含む)  昭和57年 9月14日 決定 
大阪高裁昭和59年(行コ)第45号 控訴の棄却  昭和61年 4月24日 判決 
最高裁昭和61年(行ツ)第122号 上告の棄却  昭和61年11月 6日 判決