労働委員会関係裁判例データベース

[判例一覧に戻る]  [顛末情報]
概要情報
事件名  紅屋商事 
事件番号  青森地裁昭和58年(行ク)第4号 
申立人  青森県地方労働委員会 
被申立人  紅屋商事 株式会社 
判決年月日  昭和59年 3月28日 
判決区分  一部認容 
重要度   
事件概要  組合員に対する格付差別が争われた事件で、青森地労委の救済命令を不服として会社側が行訴を提起したため、地労委は緊急命令の申立てを行ったところ、地裁はX1ら4名の組合員については、格付けの是正とそれに伴う賃金の差額の支払いを命ずる緊急命令を発したが、その余の者はすでに退職し、組合を脱退していることから、緊急命令の申立てを却下した。 
判決主文  1 被申立人は、原告被申立人、被告申立人間の当庁昭和58年(行ウ)第9号不当労働行為救済命令取消請求事件の判決が確定するまで、
1 申立人が青地労委昭和54年(不)第5号不当労働行為救済命令申立事件について、昭和58年8月18日被申立人に対してなした命令のうち、X1、X2、X3及びX4に関する部分、
2 申立人が青地労委昭和55年(不)第8号、同第9号不当労働行為救済命令申立事件について、昭和58年8月18日被申立人に対してなした命令のうち、X1、X2、X3及びX4に関する部分、
について、申立人の 
判決の要旨  7220 適法性の審査
本件記録及び疎明資料によれば、本件救済命令に重大かつ明白な瑕疵があるとは認められないから、一応相当であると認められる。

7318 その他(一部認容された例、全部却下された例等)
命令主文中組合員4名に対する格付けの是正とそれに伴う賃金な差額の支給については、団結権の保護及び組合員の経済的な保護のため緊急命令を発する必要性がある。

7317 全部認容された例
命令主文中組合員4名以外の者は任意に会社を退職し、組合をも脱退しているから、同人らの格付け是正と差額の支給については緊急命令を発する緊急性及び相当性を欠く。

業種・規模  卸売業、小売業、飲食店 
掲載文献  労働委員会関係裁判例集19集423頁 
評釈等情報   

[先頭に戻る]

顛末情報
行訴番号/事件番号 判決区分/命令区分 判決年月日/命令年月日
青森地労委昭和54年(不)第5号 全部救済(命令主文に棄却又は却下部分を含まない)  昭和58年 8月18日 決定 
青森地労委昭和55年(不)第8号
青森地労委昭和55年(不)第9号
全部救済(命令主文に棄却又は却下部分を含まない)  昭和58年 8月18日 決定 
青森地裁昭和58年(行ク)第3号 全部却下  昭和58年12月 2日 決定 
青森地裁昭和58年(行ウ)第9号 救済命令の一部取消し  昭和61年 2月25日 判決 
仙台高裁昭和61年(行コ)第3号 一審判決の一部取消し  昭和63年 8月29日 判決 
最高裁平成 1年(行ツ)第36号 上告棄却・上告却下  平成 3年 6月 4日 判決 
最高裁平成 1年(行ツ)第374号 上告の棄却  平成 3年 6月 4日 判決