労働委員会関係裁判例データベース

[判例一覧に戻る]  [顛末情報]
概要情報
事件名  石塚運輸 
事件番号  横浜地裁昭和59年(行ク)第10号 
申立人  神奈川県地方労働委員会 
被申立人  石塚運輸 株式会社 
申立人参加人  全日本運輸一般労働組合神奈川地方本部 
申立人参加人  全日本運輸一般労働組合川崎地域支部 
判決年月日  昭和59年12月 6日 
判決区分  全部認容 
重要度   
事件概要  配車割当て上の差別的取扱い、組合事務所及び賃上げ問題に関する不誠実団交、組合脱退工作が争われた事件で、初審神奈川地労委の救済命令を不服として行訴が提起されたため、地労委が命令主文第1項ないし第4項について緊急命令の申立てを行っていたところ、全部認容された。 
判決主文  被申立人は、申立人が昭和59年8月10日なした神労委昭和58年(不)第19号不当労働行為救済申立事件の救済命令に従い、右当時者間の横浜地方裁判所昭和59年(行ウ)第25号不当労働行為救済命令取消請求事件の判決確定に至るまで
1 被申立人に雇用されている補助参加認人全日本運輸一般労働組合川崎地域支部の組合員に対し、11トントラックの運転業務から外したり、運転助手のみの業務もしくは残業の伴わない業務などを割り当てたりして同組合員以外の大型運転免許を有する従業員との間で差別扱いをしてはならない。
2 右補助 
判決の要旨  7319 配車、交番の差別等具体的な職務上の不利益取扱いの是正を命じた労委命令に係る決定事例
本件命令の認定判断は一応相当と認められ、判決確定まで命令が履行されない場合、組合は回復しがたい損害を被る虞れがあるから、組合残業差別による手当の差額支給を命ずる命令に従うべき旨の緊急命令を発する必要性がある。

7321 全部認容された例
本件命令の認定判断は一応相当と認められ、判決確定まで命令が履行されない場合、組合は回復しがたい損害を被る虞れがあるから、組合事務所貸与問題に関する団交に誠意をもって応ずるべき旨の緊急命令を発する必要性がある。

7333 不作為命令に関する申立て(全部認容された例)
本件命令の認定判断は一応相当と認められ、判決確定まで命令が履行されない場合、組合は回復しがたい損害を被る虞れがあるから、組合員に脱退勧奨の言動をしてはならない旨の命令に従うべき旨の緊急命令を発する必要性がある。

業種・規模  道路貨物運送業 
掲載文献  労働委員会関係裁判例集19集445頁 
評釈等情報   

[先頭に戻る]

顛末情報
行訴番号/事件番号 判決区分/命令区分 判決年月日/命令年月日
神奈川地労委昭和58年(不)第19号 一部救済(命令書主文に救済部分と棄却又は却下部分を含む)  昭和59年 8月10日 決定 
横浜地裁昭和59年(行ウ)第25号 請求の棄却  昭和61年 3月27日 判決