労働委員会関係裁判例データベース

(この事件の全文情報は、このページの最後でご覧いただけます。)

[判例一覧に戻る]  [顛末情報]
概要情報
事件名  岡山電気軌道 
事件番号  広島高裁平成 6年(行コ)第12号 
控訴人  岡山電気軌道 株式会社 
被控訴人  岡山県地方労働委員会 
被控訴人参加人  私鉄中国地方労働組合岡山電軌支部 
判決年月日  平成 7年10月31日 
判決区分  控訴の棄却 
重要度   
事件概要  本件は、会社が(1)ストによる不就労を理由に組合員204名の臨時給与等を減額したこと、(2)組合費のチェック・オフを一方的に廃止したこと、(3)組合員に組合脱退勧奨を行ったことが不当労働行為であるとして争われた事件である。
 岡山地労委(平3・12・20決定)は、(1)について減額相当額の支払い、(2)について賃金控除協定を締結のうえチェック・オフの再開、(3)について組合脱退勧奨等支配介入の禁止、及びそれぞれについての文書手交を命じたところ、会社はこれを不服として行政訴訟を提起した。
 第一審岡山地裁(平6・10・12判決)が会社の請求を一部棄却(一部却下)したため会社が控訴していたものであるが、広島高裁は会社の控訴を棄却した。 
判決主文  1 本件控訴を棄却する。
2 当審における訴訟費用は控訴人の負担とする。 
判決の要旨  1204 スト・カット
3010 労組法7条1号(不利益取扱い、黄犬契約)と競合
ストによる賃金カットの対象は基本給のみとする労使慣行が存在するにもかかわらず、精勤手当等をカットしたことは、組合活動を嫌悪し、ストに対する報復及び将来のストの抑制を目的で行った不当労働行為に該当するとした原判決が相当とされた例

6140 訴の利益
労委の命令後に、組合費等のチェック・オフを再開している場合、チェック・オフ再開を命じた労委命令の当該部分の取消を求める訴えは法律上の利益を欠くとした原判決が相当とされた例

2610 職制上の地位にある者の言動
2621 個別的示唆・説得・非難等
3410 職制上の地位にある者の言動
営業所長Y1らの職制がX1ら組合員に対して行った組合からの脱退勧奨は、いずれも会社の意向の下に組織的に行われた不当労働行為であるとした原判決が相当とされた例

業種・規模  鉄道業 
掲載文献  労働委員会関係裁判例集30集505頁 
評釈等情報   

[先頭に戻る]

顛末情報
行訴番号/事件番号 判決区分/命令区分 判決年月日/命令年月日
岡山地労委平成 1年(不)第1号 全部救済(命令主文に棄却又は却下部分を含まない)  平成 3年12月20日 決定 
岡山地裁平成 4年(行ウ)第2号 請求棄却・訴えの却下  平成 6年10月12日 判決 
最高裁平成 8年(行ツ)第15号 上告の棄却  平成10年 6月25日 判決 
 
[全文情報] この事件の全文情報は約150KByteあります。 また、PDF形式になっていますので、ご覧になるにはAdobe Reader(無料)のダウンロードが必要です。