労働委員会関係裁判例データベース

[判例一覧に戻る]  [顛末情報]
概要情報
事件名  山口放送 
事件番号  最高裁昭和58年(行ツ)第36号 
上告人  中央労働委員会 
上告人参加人  X1 
上告人参加人  民放労連山口放送労働組合 
上告人参加人  民放労連中四国地方連合会 
被上告人  山口放送株式会社 
判決年月日  昭和61年 4月 8日 
判決区分  上告の棄却 
重要度   
事件概要  本件は、会社の女性アナウンサーX1に対する(1)黄犬契約の締結、(2)組合加入妨害、(3)解雇が不当労働行為であるとして申立てのあった事件で、初審山口地労委は、原職復帰、バック・ペイ及びポスト・ノーティスを命じ、中労委も、ポスト・ノーティスの文章を変更した以外は初審命令を維持したところ、行訴が提起され、東京地裁は、本件救済申立ては除斥期間を経過した不適法なものであり、命令は違法であるとして取り消した。中労委が控訴したところ、東京高裁は、本件救済申立ては除斥期間内になされたもので適法であるとした上で、会社がX1を解雇した決定的理由はアナウンサーとしての不適格によるもので不当労働行為には当たらないとして原判決を認容し、控訴を棄却したため、中労委と参加人組合及びX1がそれぞれ上告していたところ、最高裁は、上告を棄却する旨の判決を言渡した。 
判決主文  被審人を処罰しない。 
判決の要旨  0500 勤務成績不良
6342 不利益取扱いに関する不当労働行為の成否の判断の誤り
会社が組合員X1を離職させたのは、組合加入を危惧し、これを妨害する等のためではなく、アナウンサーとして不適格であることが決定的理由であるとして中労委の救済命令を取り消した原審の認定判断は正当として是認することができる。

業種・規模  放送業 
掲載文献  労働委員会関係裁判例集21集237頁 
評釈等情報  労働判例 474号 5頁 
労働経済判例速報 1260号 24頁 
季刊労働法 新谷真人 141頁 195号 

[先頭に戻る]

顛末情報
行訴番号/事件番号 判決区分/命令区分 判決年月日/命令年月日
山口地労委昭和48年(不)第6号 一部救済(命令書主文に救済部分と棄却又は却下部分を含む)  昭和50年 4月15日 決定 
中労委昭和50年(不再)第39号 一部変更(初審命令を一部取消し)  昭和52年 6月 1日 決定 
東京地裁昭和52年(行ク)第98号 全部却下  昭和55年 3月10日 決定 
東京地裁昭和52年(行ウ)第315号 救済命令の全部取消し  昭和55年 3月10日 判決 
東京高裁昭和55年(行コ)第18号 控訴の棄却  昭和57年12月21日 判決 
最高裁昭和58年(行ツ)第37号 上告の却下  昭和61年 4月 8日 判決