労働委員会関係裁判例データベース

[判例一覧に戻る]
概要情報
事件名  東日本旅客鉄道(新橋保線区脱退勧奨) 
事件番号  東京地裁平成10年(行ク)第25号 
申立人  国鉄労働組合東京地方本部 
判決年月日  平成10年 8月20日 
判決区分  参加決定 
重要度   
事件概要  本件は、会社の新橋保線区の助役らが、国労東京地方本部新橋支部新橋保線区分会に所属する組合員に対してなした言動が不当労働行為であるとして、昭和63年2月12日に申立てがあった事件である。東京地労委は、助役らの言動が不当労働行為であるとして、会社に対し、助役らをして、国労分会員に対し、国労からの脱退を勧奨する言動を行わせることによって、組合の組織運営に支配介入してならないこと及びこれに関する文書掲示等を命じたところ、これを不服として会社から再審査の申立てがなされ、中労委は、初審命令の一部を変更し、その余の再審査申立てを棄却した。会社は、これを不服として提訴し、組合は訴訟参加の申立てを行ったところ、東京地裁は、訴訟参加の許可する決定を行った。 
判決主文  申立人を本件訴訟に参加させる。 
判決の要旨  8400 その他の小分類に属さない裁判
 行政事件訴訟法二二条一項による組合の訴訟参加が認められた例。

業種・規模  鉄道業 
掲載文献  労働委員会関係裁判例集33集978頁 
評釈等情報   

[先頭に戻る]