労働委員会関係裁判例データベース

[判例一覧に戻る]  [顛末情報]
概要情報
事件名  大阪労働衛生センター第一病院 
事件番号  東京高裁平成13年(行コ)第201号 
控訴人  財団法人大阪労働衛生センター第一病院 
被控訴人  中央労働委員会 
被控訴人参加人  大阪医療労働組合 
判決年月日  平成14年 1月31日 
判決区分  控訴の棄却 
重要度   
事件概要  本件は、(1)センターが組合との間の団体交渉において合意した事項の一部を履行しないこと、(2)センターが組合の組合員である臨床検査科長X1を一般科員に降格したことが、それぞれ不当労働行為であるとして、大阪地労委が発した命令に対し、これを不服とするセンターが再審査の申立てをしたが、中労委が同命令の主文を一部変更したほか、再審査申立てを棄却する旨の命令をしたことから、センターが本件命令の取消しを求めたが、東京地裁は、原告の請求を棄却する判決を言い渡した。
 センターは、これを不服として控訴を提起していたが、東京高裁は、センターの控訴を棄却する判決を言い渡した。 
判決主文  1 第47号事件原告の請求を棄却する。
2 第101号事件の原告らの請求を棄却する。
3 訴訟費用(参加によって生じた費用を含む)は、第47号事件については同事件原告の負担とし、第101号事件については同事件原告らの負担とする。 
判決の要旨  1200 降格・不昇格
組合員X1が本件降職願を提出したといっても、管理職を嫌って検査科長の職を辞することを希望しただけであって、その後、管理職ともいえない主任にもとどまらずに一挙に、職階手当が支給されずに経済的不利益を被ることになる一般科員にまで降格することに納得し、これを了承していたとは認め難いものである。

1200 降格・不昇格
組合員X1が当初、降格の程度ということを問題にしていなかったとしても、検査科長を解いて一挙に一般科員に降格するという本件降格処分そのものに異議を唱えて問題にしていたのであるから、X1の対応に不合理なところはない。

業種・規模  医療業 
掲載文献  労働委員会関係裁判例集37集95頁 
評釈等情報   

[先頭に戻る]

顛末情報
事件番号/行訴番号 命令区分/判決区分 命令年月日/判決年月日
東京地裁平成11年(行ウ)第27号 請求の棄却 平成13年 8月 8日
最高裁平成14年(行ツ)第97号 上告棄却・上告不受理 平成14年 9月12日