労働委員会関係裁判例データベース

[判例一覧に戻る]  [顛末情報]
概要情報
事件名  東北環境整備 
事件番号  仙台地裁平成13年(行ウ)第11号 
原告  宮城合同労働組合 
被告  宮城県地方労働委員会 
判決年月日  平成14年 6月20日 
判決区分  救済命令の一部取消し 
重要度   
事件概要  本件は、会社が組合支部長の配転命令拒否に対して始末書提出を命じ(訓戒処分)、これを提出しなかったことを理由に出勤停止処分に付したこと、組合との団交に応じることなく就業規則を一方的に変更したこと等が不当労働行為であるとして争われた事件である。
 宮城地労委(平成11年(不)第7号、平成13・3・30決定)は、就業規則の変更等に関する団交応諾、文書手交を命じ、支部長に対する訓戒処分、出勤停止処分等については棄却したところ、組合は棄却部分の取消しを求めて行政訴訟を提起した。
 仙台地裁は、宮城地労委の命令の棄却部分を取り消した。 
判決主文  1 原告の請求を棄却する。
2 訴訟費用は、補助参加によって生じたものも含め、原告の負担とする。 
判決の要旨  1400 制裁処分
組合支部長の配転拒否に係る始末書不提出を理由とする訓戒処分は、組合の賃金カットに対する抗議後に行われていること、同人の配転問題は、組合支部長が辞令に従ったことで既に解決済みであることを考え併せると、同処分及びそれに従わなかったことを理由に行われた出勤停止処分は、労組法七条一号の不当労働行為に当たり、これらに係る申立てを棄却した部分は、違法である。

業種・規模  その他のサービス業(他に分類されないサービス業) 
掲載文献  労働委員会関係裁判例集37集560頁 
評釈等情報  中央労働時報 2003年2月10日 1007号 46頁 

[先頭に戻る]

顛末情報
行訴番号/事件番号 判決区分/命令区分 判決年月日/命令年月日
宮城地労委平成11年(不)第7号 一部救済(命令書主文に救済部分と棄却又は却下部分を含む)  平成13年 3月30日 決定 
宮城地労委平成14年(不)第1号-1 全部救済(命令主文に棄却又は却下部分を含まない)  平成14年11月28日 決定