労働委員会関係裁判例データベース

[判例一覧に戻る]  [顛末情報]
概要情報
事件名  ブックローン 
事件番号  東京地裁平成13年(行ウ)第355号 
原告  全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部 
被告  中央労働委員会 
被告参加人  ブックローン株式会社 
判決年月日  平成14年 8月 1日 
判決区分   
重要度   
事件概要  会社が組合員1名に対して(1)神戸本社から名古屋業務に配転を命じ、同じく組合員である同人の妻との別居を余儀なくなせ、同人の妻を退職させることにより組合を弱体化しようとしたこと、(2)配転を拒否した同人を指名スト中に懲戒解雇したことが、それぞれ不当労働行為であるとして争われた事件で、初審兵庫地労委は、いずれも不当労働行為には当たらないとして申立てを棄却し、中労委もこれを維持したところ、組合は、これを不服として東京地裁に行政訴訟を提起していたが、同地裁は組合の請求を棄却した。 
判決主文  本件控訴をいずれも棄却する。
控訴費用(参加により生じた費用も含む)は、控訴人全日本金属情報機器労働組合、控訴人全日本金属情報機器労働組合東京本部、控訴人全日本金属情報機器労働組合日本アイビーエム支部の控訴により生じたものは同控訴人らの負担とし、控訴人日本アイ・ビー・エム株式会社の控訴により生じたものは同控訴人の負担とする。 
判決の要旨  1300 転勤・配転
配転命令は、会社の業務上の必要に基づき、合理的な人選を経て行われたものということができ、また組合を嫌悪する情からなされたと考えるのは困難である。

1102 業務命令違反
懲戒解雇は、組合員1名が配転命令の後もこれを拒否する態度に固執したことから、業務命令に従わないことを理由として行われたというべきであり、組合との団体交渉を回避したり、あるいはブックローン労組の弱体化を図るために行われたものであると認めることはできない。

業種・規模  出版・印刷・同関連産業 
掲載文献  労働委員会関係裁判例集37集642頁 
評釈等情報   

[先頭に戻る]

顛末情報
行訴番号/事件番号 判決区分/命令区分 判決年月日/命令年月日
兵庫地労委昭和63年(不)第2号 棄却(命令主文が棄却のみ又は棄却と却下)  平成 6年10月 4日 決定 
中労委平成 6年(不再)第40号 再審査棄却(初審命令をそのまま維持)  平成13年 8月 1日 決定