労働委員会関係裁判例データベース

[判例一覧に戻る]  [顛末情報]
概要情報
事件名  大阪ローリー運輸/双辰商会 
事件番号  大阪高裁平成16年(行ス)第5号 
抗告人  大阪府地方労働委員会 
相手方  有限会社双辰商会 
抗告人参加人  大阪ローリー運輸労働組合 
判決年月日  平成16年 4月14日 
判決区分  全部却下 
重要度   
事件概要  本件は訴外O会社が実質的に同社と同一企業である会社へ事業移管等を図って、自己破産の申立てを行ない、組合員全員の解雇に至らしめたこと及び申立人組合の消滅を図ったことが不当労働行為であるとして、争われた事件で、大阪地労委は、会社に対し誠実団交応諾、O会社及び会社に対し、文書手交を命じた。会社がこれを不服として行政訴訟を提起したところ、大阪地労委は緊急命令の申立てを行なった。同地裁は緊急命令申立てを却下したので同地労委は大阪高裁に抗告したものであるが、同高裁はこれを棄却した。 
判決主文  1 被審人を過料50万円に処する。
2 手続費用は被審人の負担とする。 
判決の要旨  7220 適法性の審査
 本案の受訴裁判所が、本件命令を不服とした取消訴訟において、会社の請求を認容し、本件命令を取り消す旨の一審判決を言い渡したが、組合はその判決を不服として控訴を提起し、本案訴訟が控訴審に係属している状況では、本案の一審判決の結論の誤りが明白であるとの特別な事情がない限り、本件命令が違法ではないかとの重大な疑いがあるといわざるを得ず、一件記録を検討しても一審判決の結論の誤りが明白であるとは認められないとして、労働委員会の緊急命令却下決定に対する抗告が棄却された例。

業種・規模  道路貨物運送業 
掲載文献   
評釈等情報  中央労働時報 2004年12月10日 1035号 48頁 

[先頭に戻る]

顛末情報
行訴番号/事件番号 判決区分/命令区分 判決年月日/命令年月日
大阪地労委平成13年(不)第48号 全部救済(命令主文に棄却又は却下部分を含まない)  平成14年12月 9日 決定 
大阪地裁平成15年(行ク)第12号 全部却下  平成15年11月26日 判決 
大阪地裁 平成14年(行ウ)第186号
大阪地裁 平成15年(行ウ)第4号
救済命令の全部取消し  平成15年11月26日 判決