労働委員会関係裁判例データベース

(この事件の全文情報は、このページの最後でご覧いただけます。)

[判例一覧に戻る]   [顛末情報]
概要情報
事件名 東日本旅客鉄道(水戸動労不登用)
事件番号 東京高裁平成19年(行コ)第334号
控訴人 東日本旅客鉄道株式会社
被控訴人 国(処分行政庁:中央労働委員会)
被控訴人補助参加人 国鉄水戸動力車労働組合、個人13名
判決年月日 平成20年2月27日
判決区分 棄却
重要度  
事件概要 本件は、Y会社がX組合に所属する組合員(X1ら13名)を運転士に発令しないことは不当労働行為に当たるとして、X1らが茨城県労委に救済申立てをしたところ、不当労働行為の存在が認められ救済が命じられ、再審査においても、その一部が変更されたものの基本的に初審命令が維持された(以下「本件命令」という。)ことから、Y会社がその取消しを求めた事案である。 原審は、本件命令は適法であるとしてY会社の請求を棄却したので、Y会社が不服を申し立てた。
判決主文 1 本件控訴を棄却する。
2 控訴費用(補助参加によって生じた費用を含む。)は控訴人の負担とする。
判決の要旨 当裁判所も、原判決は正当であり、Y会社の請求は理由がないから、これを棄却すべきものと判断する。その理由は、一部付加し、又は修正するほかは、原判決の事実及び理由欄の「第3 争点に対するする判断」に記載のとおりであるから、これを引用する。
(参考)
 争点1(Y会社がX1ら13名を運転士に発令しないかったことが不当労働行為(不利益扱い、支配介入)に当たるか。
 争点2(本件命令は、労働委員会の裁量を逸脱したものか。)


[先頭に戻る]

顛末情報
事件番号/行訴番号 命令区分/判決区分 命令年月日/判決年月日
茨城地労委平成9年(不)第8号 一部救済 平成12年2月28日
中労委平成12年(不再)第17号 一部変更 平成17年12月21日
東京地裁平成18年(行ウ)第69号 棄却 平成19年9月13日
最高裁平成20年(行ヒ)第190号 上告不受理 平成20年12月18日
 
[全文情報] この事件の全文情報は約232KByteあります。 また、PDF形式になっていますので、ご覧になるにはAdobe Reader(無料)のダウンロードが必要です。