労働委員会関係裁判例データベース

(この事件の全文情報は、このページの最後でご覧いただけます。)

[判例一覧に戻る]   [顛末情報]
概要情報
事件名 根岸病院
事件番号 東京高裁平成19年(行コ)第163号
控訴人 控訴人兼参加人 医療法人社団根岸病院、東京地方医療労働組合連合会、
根岸病院労働組合
控訴人 個人X1
被控訴人 国(採決行政庁:中央労働委員会)
判決年月日 平成20年7月10日
判決区分 棄却
重要度  
事件概要 X組合らは、Y病院が①X組合の組合員X1、X2との嘱託再雇用契約の更新を拒否したこと、②X組合との団体交渉を正当な理由なく拒否したことが不当労働行為に当たるとして、東京都労委に救済を申立てたところ、同委員会は、団体交渉拒否について一部の事項を除く不当労働行為に当たるとして、団交応諾、文書掲示をY病院に命じた。Y病院、X組合ら双方がこの命令に不服として中労委に再審査を申立てたが、中労委は、文書掲示命令を取り消し、Y病院及びX組合らのその余の申立てを棄却した(以下「本件命令」という。)
 本件は、Y病院、X組合らが本件命令を不服として、その取消しを求めて提訴した事案であり、原審は本件命令を支持し、双方の請求を棄却したところ、Y病院、X組合らはこれを不服として控訴した。
判決主文 1 本件各控訴をいずれも棄却する。
2 控訴費用は、控訴人病院の控訴に係る部分は控訴人病院の負担とし、控訴人医労連、控訴人組合及び控訴人X1の控訴に係る部分は控訴人医労連、控訴人組合及び控訴人X1の負担とする。
判決の要旨 当裁判所も、Y病院が団体交渉を拒否したことには正当な理由があったとは認めがたく、不当労働行為に該当し、この点については救済利益が消滅したとは認められず、他方、X1の再雇用契約の更新拒否については不当労働行為の該当するとは認めらない。初審命令中の文書掲示命令は既に履行されたと認められることから、本件命令は相当であると判断する。
 したがって、原判決は相当であり、Y病院、X組合らの本件各控訴はいずれも理由がないことから棄却する。

[先頭に戻る]

顛末情報
事件番号/行訴番号 命令区分/判決区分 命令年月日/判決年月日
東京地労委平成8年(不)第70号・平成10年(不)第45号 一部救済 平成12年2月15日
中労委平成12年(不再)第26号・第29号 棄却・一部変更 平成17年5月11日
東京地裁平成18(行ク)47号 訴訟参加申立ての却下 平成18年5月16日
東京高裁平成18年(行ス)39号 訴訟参加申立ての棄却 平成18年6月28日
東京地裁平成17年(行ウ)第313号 棄却 平成19年4月18日
最高裁平成20年(行ヒ)第354号 上告不受理 平成21年5月13日
最高裁平成20年(行ツ)第307号
最高裁平成20年(行ヒ)第353号
上告棄却・上告不受理 平成21年5月13日
 
[全文情報] この事件の全文情報は約160KByteあります。 また、PDF形式になっていますので、ご覧になるにはAdobe Reader(無料)のダウンロードが必要です。